食べる

阿藤快のにっぽん漫遊記

窯焚きの後は・すき焼きが定番

何故・信楽で良い肉が食べられているのか?

その昔、登り窯を焼き続け ること1週間余り、窯上がりの後は「すき焼き」を食べ、労をねぎらったそうです。
ミスの許されない緊張感と、24時間・火の管理は大変な重労働であったことは言うまでもありません。
そのご褒美が・牛や鳥のすき焼きだったと言われています。

おはよう朝日で小川亭が紹介された時の映像です。
残念ながら現在、牛刺身がをお出しすることは出来ません。